認知症の方も入居可能な老人ホームをご紹介します
まずはお気軽にご相談ください
高齢者住宅相談センターえらび

認知症の介護について

高齢者介護の中でも大変な場面が多いのが「認知症」に関する介護です。危険行動や介護拒否など、介護者の負担も大きく、在宅介護により、心身ともに疲弊してしまっている方が増加しています。1人では抱え込まず、しっかりと周りの方や相談窓口に頼ることも大切です。「高齢者住宅相談センターえらび」の住宅アドバイザーは、そんなお客様に最適な老人ホームのご提案をおこなっています。

Check!
介護の際に気をつけること
認知症という病気の理解を深めていくことをはじめ、ご本人の症状や抱える思いについてもしっかりと寄り添い、理解をしていくことが大切です。老人ホーム入居時に必要な書類なども揃えておくと、住まい探しがスムーズに進みます。
Point
1

認知症の方の介護認定

高齢者の介護の中でも、危険行動や介護拒否があったりなど、介護者の負担が大きいため、身体的にも精神的にもストレスを抱えてしまい、ネガティブな感情をため込みがちです。在宅介護での認知症の介護は大変な場面も多いため、介護保険サービスなど活用していきましょう。介護認定の申請を行うには、役所の福祉課(役所にいけない方などは地域包括支援センター)にいて代理申請も行えます。

Point
2

要介護度によって選べる施設の選択肢が異なります

「特別養護老人ホーム」は公的施設ですが、介護保険施設の1つでもあり、基本的に要介護3以上の高齢者が対象の施設です。「グループホーム」は認知症対応型共同生活介護と呼ばれ、要支援2か要支援1以上の認定を受け、医師の診断書がこうふされた認知症を患っている高齢者が対象です。このように、要介護認定を受けていたり診断書があると、入居対象の施設が明確になります。

Point
3

ご本人の入居する目的や希望はしっかりと把握すること

目的によって適している介護施設は異なるため、施設を選ぶ目安となる基準は何なのかを明確にしておく必要があります。実際に生活をされるのは要介護者本人であるため、なるべく一緒に施設見学をして、しっかりと見極めることが大切です。後悔しない施設選びを心掛けましょう。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-905-725 0120-905-725
受付時間:9:00~18:00
Access

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・栃木県・群馬県、そして沖縄にある相談室では専門の住宅アドバイザーがお待ちしています

概要

店舗名 高齢者住宅相談センター えらび
住所 東京都大田区西蒲田7-44-5カマタITビル7F
電話番号 0120-905-725
営業時間 9:00 - 18:00
最寄り 大田区を中心に周辺各地域

アクセス

利用者様が安心して暮らせるお住まいを見つけられるよう、専門の住宅アドバイザーがご相談から施設見学の同行、そして入居後のフォローまでお住まい探しをサポートします。まずはお電話またはオンラインでお問い合わせください。ご相談は関東6ヶ所(蒲田・松戸・草加・川口・船橋・大森)及び沖縄の相談室またはオンラインで受けております。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事