高齢者の方が老人ホーム入居を嫌がる理由とは?
東京都の老人ホーム紹介センター
「高齢者住宅相談センターえらび」

納得して入居してもらうために伝えること

ご家族が老人ホームや介護施設を嫌がるにはさまざまな理由が考えられます。無理に施設入居を押し通すと家族関係が悪化したり、入居後のトラブルにもなり兼ねません。まずはしっかりと親の話しを聞くことが大切です。

双方が納得して入居をするにはどうしたらいい?
Check!
有料老人ホーム・介護施設への入居拒否は珍しいことではありません
在宅介護に限界を感じている場合だと、老人ホーム入居は重要な選択肢になってきます。まずは本人が前向きに考えられるように少しずつ話し合っていきましょう。今すぐに入居しなくても、次の機会を待つなど、根気よく気持ちを伝えていくことが大切です。
Point
1

認知症だといつ頃老人ホームに入居するの?

入居する本人が納得した上で施設入居を進めるには、認知症の症状が軽度なうちに準備を進めておく必要があります。認知症が進行した状態で話し合おうとしても、正常な判断が出来なかったり、新しい環境に適応できずにパニックになってしまったりするため、介護施設の入居のきっかけには「介護者の負担が大きくなったとき」「介護者がそばにいないと危険なとき」「在宅の生活が難しくなったとき」などが入居のタイミングになります。

Point
2

介護で気持ちに余裕がなくなる前にすべきこと

日頃の疲れが取れないなどの肉体的な疲れはもちろんだが、精神的に疲れてしまっている(気持ちにゆとりがなくなる)と何をするにしても些細なミスが多くなってきます。介護生活が長くなってくると精神的な疲労から「介護のことが頭から離れない」「常にイライラしていて気持ちが晴れない」「認知症の方にあったってしまう」など、認知症の方を悲しませるだけでなく、介護者自身が後悔をしてまうことにも繋がります。精神的に限界を感じているのであれば、有料老人ホームに入居するタイミングなのだと考えます。

Point
3

気持や体力に余裕があるうちに準備を始めよう

家族・認知症の方双方が納得できるように進めていくためには、とにかく何事も余裕のあるうちに進めることが重要です。「手に負えないくらい認知症の症状が進行する」、「介護生活に疲れ果てて最適な何段が出来ない」というような状態までくると、お互いにとってとても大変です。認知症の症状が軽いうちから環境に慣れておくと、認知機能が低下した後でも質の高い生活を維持しやすくなり、介護者の余裕のある時に話を進められていると、正常な判断もでき、介護の負担が大きくなりすぎなくて済みます。

お気軽にお電話でご連絡ください
0120-905-725 0120-905-725
受付時間:9:00~18:00
Access

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・栃木県・群馬県、そして沖縄にある相談室では専門の住宅アドバイザーがお待ちしています

概要

店舗名 高齢者住宅相談センター えらび
住所 東京都大田区西蒲田7-44-5カマタITビル7F
電話番号 0120-905-725
営業時間 9:00 - 18:00
最寄り 大田区を中心に周辺各地域

アクセス

利用者様が安心して暮らせるお住まいを見つけられるよう、専門の住宅アドバイザーがご相談から施設見学の同行、そして入居後のフォローまでお住まい探しをサポートします。まずはお電話またはオンラインでお問い合わせください。ご相談は関東6ヶ所(蒲田・松戸・草加・川口・船橋・大森)及び沖縄の相談室またはオンラインで受けております。
特徴

大田区で老人ホームをお探しなら

「高齢者住宅相談センターえらび」にお任せください

東京都の老人ホーム紹介センター「高齢者住宅相談センターえらび」は、大田区をはじめとする、東京都全般の介護施設の情報を取り扱っております。認知症でも入れる施設をお探しの方や、リハビリやアクティビティの充実した施設を知りたい方、認知症の介護に疲れてしまった方も、どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。えらびの紹介センターの住宅アドバイザーは、丁寧なご説明と最適な老人ホームのご提案を心掛けています。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事