Blog&column
ブログ・コラム

高齢者の転倒リスクについて

query_builder 2022/11/01
コラム
46
家の中や外でつまずいたり転んだ経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
年齢を重ねるにつれて転倒する可能性は高くなっていきます。
今回は高齢者の転倒リスクについて、詳しく紹介していきたいと思います。

▼高齢者の転倒の原因
転倒の原因には、身体的なものが原因となる内的要因と、生活環境から来る外的要因に分けられます。
内的要因として、病気や疾患、加齢による筋力の低下、身体機能の低下などが考えられます。
外的要因として、室内のわずかな段差、すべりやすいフローリング、玄関、浴室などが考えられます。
日常生活の中で転倒の原因はさまざまな場所に潜んでいますので、気をつけましょう。

▼高齢者の転倒リスク
■寝たきりになってしまう可能性がある
若い人ならば安静にして寝ていれば大抵は治りますが、高齢者は転倒するとそのまま筋力や身体機能の衰えも起こり寝たきりの状態に
なってしまう場合があります。

■骨折する
高齢者は骨ももろくなっているため、少しつまずいたり転倒することで骨折する可能性が高いです。

■身体機能が衰えてしまう
転倒して入院すると安静にしておかないといけないため、どんどん身体機能が衰えていってしまいます。

■完治までに時間がかかる
高齢者は軽度のケガでも完治するまでに長い時間がかかってしまうケースが多いです。
完治までに時間がかかることで、その間に筋力や身体機能の衰えを感じ症状が悪化してしまうこともあります。

▼まとめ
高齢者の転倒はとても危険といえます。
転倒することでさまざまなリスクが考えられますので、外出時や家の中でも注意しましょう。

NEW

  • 有料老人ホームって?? 介護付き有料老人ホーム編

    query_builder 2022/06/13
  • 有料老人ホームって?? サービス付き高齢者向け住宅編

    query_builder 2022/05/30
  • 有料老人ホームって?? 住宅型有料老人ホーム編

    query_builder 2022/05/23
  • 施設選びのプロと行く「施設の内覧会」@アズハイム三鷹さん

    query_builder 2022/05/16
  • 有料老人ホームって?? グループホーム編

    query_builder 2022/05/09

CATEGORY

ARCHIVE